■■ 夢をかなえるマネー術 Vol.72 ■■━━━━━━━━━━━━━━━

「後だしじゃんけん」みたいで感じ悪くない?  (編集後記に続く)

<目次>──────────────────────────────
【1】短期集中連載 「リバランス」ってどうやるの?
第5回 (最終回): ペース配分を変えてリバランスする

【2】マネカレ指数〜日経平均を1万円で買い続けるとどうなる?

【編集後記】

──────────────────────────────────
【1】短期集中連載 「リバランス」ってどうやるの?
──────────────────────────────────

北京オリンピックの女子マラソン、見ました?

土佐選手、かわいそうでしたね。メダルを狙うためにはギリギリまで体を追
い込む練習をしなければならないのですが、それが裏目に出てしまうとは想
定外。

やっぱり、練習においても力を入れるタイミングと抜くタイミングのペース
配分が重要なんですね。

ということで、「リバランス」にもペース配分が大事だよ、という話で、今
回の短期集中連載を締めくくりたいと思います。

ちなみに、最近メルマガを取り始めた人はバックナンバーを、

http://www.money-college.org/blog/contents/takeoff/

「リバランスって何じゃ?」という方は私の本を、

http://www.money-college.org/korenara.html

それぞれチェックしてみて。

さて、前回までで、現在の自分の財産を資産の種類(株とか債券とか)と国内/
国外で分けたアセット・アロケーションを把握して、それが目標とどのくら
いギャップがあるか、が明らかになりました。

普通に考えると、このギャップを埋めるために増えすぎた資産は売って、足
りない資産を買う、ということをやるわけですが、これだと問題があること
も。

だって、「増えすぎた資産」はたいていの場合儲けが出ているわけで、売って
儲けを確定させた時点で税金がかかってきてしまいます。

さらに、「足りない資産」を買う場合も、ものによっては販売手数料がかかって
くるので余計にコストがかさむ要因になりますね。

これを避けるためにお勧めなのが、「ペース配分」。

このメルマガを読んでる中で、積み立てで投資やってる人いますよね。日経
225インデックスファンドを毎月3万円づつ買ってます、とか。そういう人は、
毎月の積立額を変えることで半年かけてリバランスが出来ます。

たとえば、今年6月30日の時点で、

日本株は目標アセット・アロケーションよりも5万円多かった
(→「増えすぎた資産」)

外国株は目標アセット・アロケーションよりも5万円少なかった
(→「足りない資産」)

となっていたとします。

そしたら、半年後に目標アセット・アロケーションを実現するためには、
5万円÷6ヶ月で1ヶ月あたり約1万円を、日本株から外国株に移せばよいので
す。

つまり、これまで毎月3万円づつ積み立てで買っていた日本株を2万円に減ら
して、代わりに外国株の積み立てを1万円づつで始めるわけ。

その後、半年たったらまたアセット・アロケーションのギャップを把握して、
それを埋めるための積立額を設定します。

結果として、半年ごとのリバランスは、「何を売って何を買うか」を考える
のではなく、「これから半年間の積立額をどうするか」を考える場になるわ
けです。

ね?そう考えると簡単でしょ?

−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−−

さて、5回にわたって連載してきた、「『リバランス』ってどうやるの?」
も、今回でひとまず終わりです。

来週からは、このメルマガも通常通りの内容に戻るはずなのですが…なにや
ら、イベントの予感もあり。

詳しくは、次号で。

──────────────────────────────────
【2】マネカレ指数
〜 日経平均を1万円で買い続けるとどうなる?〜
──────────────────────────────────
1万3千円をあっさり割っちゃいましたね。

08年8月20日のマネカレ指数:  15,479円
08年8月20日の日経平均株価:  12,852円

これまでの投資金額:     1,070,000円
儲け:             -181,600円
単純な利益率:          -17.0%

(マネカレ指数とは)
2006年7月19日(水)をスタート・ポイントとして、毎週水曜日に日経平均株価に
連動する投資信託を1万円買いつづけた場合の平均購入単価です。

マネー・カレッジの「夢をかなえるマネー術」の投資方法の参考にしていただくた
めに計算しています。

このコーナーの説明はこちら

http://www.money-college.org/blog/contents/takeoff/mc_index/

──────────────────────────────────
【編集後記】
──────────────────────────────────
こんにちは。マネー・カレッジ代表の木田です。

土佐選手を初めとして、今回のオリンピックでは陸上競技の成績が奮いませ
ん。

今の時点で、メダルはゼロ。入賞もハンマー投げの室伏選手だけだって。

で、こうなるとメディアはとたんに厳しくなるのね。一人ひとりの選手ごと
に、精神面や技術面での「敗因」をあげつらって、「だから、言っただろう」
ぐらいの勢いで批判を繰り広げる。

でも、それって言わば、「後だしじゃんけん」。結果が分かってからなら、
「あれが足りない、これも出来てない」なんて、誰でも言えるよね。

本当にスポーツを好きならば、競技が始まる前にこそ、「ここが足りてない
から、何とかしないと」と健全な批判精神を発揮して欲しい。

たとえば、「星野ジャパン」と称されている野球の日本代表チーム、なんか
おかしくない?

星野仙一監督のワキをコーチとして田淵幸一さんと山本浩二さんが固める、
「親友トリオ」なんだって。なにやら、3人で同じユニフォームを着るのは
学生の頃からの夢だとかで、美談ではあるんだけど、星野監督はともかく
として、田淵さんと山本さんって、コーチとして実績あったっけ?

しかも、選手の選抜に関しても、所属するチームで実績を上げられていない
人が選ばれたりしてて、「仲良しクラブ」的な色彩が強いんじゃないかと
思っちゃう。

22日から始まる決勝リーグ、これで大丈夫なのかしら。透明性がない人事って、
現場のやる気を激しく傷つけると思うんだけど…

♪ということで、投資にだって透明性を求めていきましょう。アヤシゲな話
ではない、真っ当な手法を紹介するセミナーです。

【初心者限定 マネーセミナー】

http://www.money-college.org/OMMBC.php?utm_source=mm&utm_medium=19