会計セミナーで決算書の見方を理解

岩田真治の会計入門セミナー

会計セミナー

下記にひとつでもあてはまれば、セミナーへの参加をお勧めします

  • 商談や社内の打合せで分からない言葉が出てきてアセったことがある
  • 簿記の勉強をしたけれど途中で挫折してしまった
  • 部下や後輩を納得させるため、数字を押さえた指示を出したい


本当に初心者だけど大丈夫?(カーソルをのせると疑問への回答が表示されます)

まずは日程と空席状況をご確認下さい
会計セミナーの日程をチェックする

プレゼンセミナー講師岩田 真治先生

こんにちは。マネー・カレッジの岩田真治です。

会計は「ビジネスの共通言語」と言われ、たとえ経理部でなくても今や知らずにはすまされない分野。

ところが、こんな大事な会計に苦手意識を持っている人も多いもの。「勉強しなきゃいけないとは思っているんですけど…」なんて声をよく聞いたのが、このセミナーを主催したきっかけです。ですから、「会計を使う」立場から専門家でない人にも、徹底的に分かりやすい説明をしています。

忙しくても安心な完全無料の「振替制度」もありますので、まずは予定にあうセミナーに申し込んでください。

マネー・カレッジ 岩田真治

まずは日程と空席状況をご確認下さい
会計セミナーの日程をチェックする

この会計セミナーでお話する内容

会計「逆転」の三ヶ条

会計セミナー

「会計は難しい…」。多くの人がそう思うのは、心構えが分かってないから。

逆に言えば心構えさえ分かれば明日からでも会計を仕事に活かすことができるようになると、これまでの会計セミナー受講者の声が証明しています。

一般的に持たれている会計のイメージとは違うので、「逆転の三ヶ条」と言っていますが、1) 会計はルールではなくツール、2) 会計は1社ではなく比較、3) 会計は「登山」ではなく「ヘリコプター」、そんな原則をぜひ押さえてください。

ここでは、会計にまつわる「難しい」というイメージが取り除かれます

何かを学ぼうと言うとき、「難しそう」と思ったらやる気が起きないのは当たり前。まずは苦手意識を取り除くところから始めましょう。こうなればもうしめたもので、このセミナーを楽しめるのはもちろん、会計の本だってすらすら読めて、これまでとはまったく頭への入り方が違ってきます。

会計が分かれば、ビジネスが分かる

会計セミナー

ここでは日本を代表するカフェチェーン、ルノアールとスターバックスの決算書を題材にそれぞれどんなビジネスをやっているかを読み解きます。

え?どんなビジネスって…カフェでしょ?と思ったら大間違い。決算書を「読み解ける」ようになると、同じ「カフェ」とは言っても、対象としているお客さんも違えば提供している「本当の商品」も違うことが分かります。

決算書を読めると言うことは、会計の勉強「だけ」にとどまりません。むしろ会計を切り口に、「その会社の実際のビジネスは?」、「会社の経営陣は、どのような方向性で運営しているのか」を理解するのが必要です。

このパートでは、会社の「本当の姿」を見抜けるようになります

シャーロック・ホームズはご存じですよね?他の人が見過ごした小さな証拠から犯罪者の「本当の姿」をズバリと見抜く天才ですが、実は会計も似ています。

一見退屈な数字を通して、その会社が「何を売り物にしているか」、「お客さんのターゲットはどこか?」など「会社の本当の姿」がズバリと分かってくるのです。

決算書の最重点チェック項目

会計セミナー

「決算書」と聞くとまっさきに出てくる貸借対照表と損益計算書。それぞれがどのようなものかを理解することはもちろんですが、実は本当に大事なのは「重点チェック項目」を押さえること。

これを、会社が倒産しないかどうかという「安全性」、会社の儲ける力をチェックする「収益性」、そしてお金を無駄なく使うという「効率性」という三大チェックポイントで見ることで、みるみる決算書がわかってきます。

このパートでは「決算書の見方」が分かります

決算書の三大チェックポイントで大事なのは、「それが何を意味しているのか?」、そして「世の中全体での水準はどのくらいか?」をしっかりと把握することです。

これがわかってくると、実務でも「よし、この会社とは取り引きしても大丈夫だぞ」と判断できますし、そのように数字という「事実」にもとづいたあなたの判断は、多くの人から一目置かれるでしょう。


会計セミナー

この会計セミナーの位置づけ

「会計」と一口に言っても様々な分野が含まれますが、この講座はその中でも「経営の視点」で必要な知識を集約しているのが特徴です。税理士のような専門知識、簿記のような会計を「作る」知識は、ゼネラリスト指向の人には必ずしも必要ないからです。

会計セミナーの位置づけ

  • マネジメント会計
  • 財務3表理解
  • 会計入門セミナー

この講座は入門編ですが、さらに学びたい人向けには中級編講座、「中から会社を良くする会計」(マネジメント会計)、「外から会社を見抜く会計」(財務会計)を用意しています。ご興味ある方は上手のそれぞれのパートをクリックして講座の説明をチェックしてください。

なお、中級編の2講座を同時に申し込まれる方には、パック受講割引価格をご提供していますので、こちらからご確認下さい。



開講スケジュール

日時 講師 会場 申込状況
16/05/28 (土)
19:00 – 21:00
岩田 真治 池袋駅6分 お申込み


安心の満足度保証制度

プレゼンテーションセミナー 振替制度■振替制度
「申し込んだけれど、当日仕事で抜けられなくなってしまった!」忙しくされているビジネス・パーソンであれば、そんな場合もあるでしょう。そんなときは、同じ内容の別日程のクラスを無料でご受講いただくことができます(3ヶ月間有効)。

プレゼンテーションセミナー 返金制度■全額返金保証
講座をご受講したうえで、それでもご満足いただけない場合には、理由を問わずに受講料を全額返金させていただきます。(ただし、途中退席など講座をすべて聴いていない場合は、この制度が適用されません。また、この制度は受講する講座数にかかわらず、一人のお客様に1回のみ適用です)


受講料 4,800円 (教材費・税込み) 注目!安心の満足度保証制度あり
定員 24名
先着順。定員になり次第申込みを締め切りますのでご了承ください。
なお、会場によっては、上記定員に達する前でも申し込みを締め切る場合があります。
お支払い方法

お支払は銀行振込もしくはクレジットカードです。

銀行振込の場合、三菱UFJ銀行に5営業日以内にお支払いください (振込手数料はご本人様負担となります)。

クレジットカードの場合、決済業務は株式会社ゼウスに全面委託し、当社ではカード情報をお預かりしていません。

キャンセル
ポリシー

何らかのご都合により参加が不可能となった場合、参加料金の取り扱いは、以下のルールに則ります。

  • 当該セミナーの開催3営業日前(開催日含まず)までは、一切のキャンセル料は発生しないものとします。
  • 3営業日を過ぎても、無料振替制度は有効ですので、直前に都合が悪くなってしまった場合は別日程をご検討下さい。
受講に
あたっての
ご注意
  • 講座での写真撮影、録音、録画、などはご遠慮下さい。
  • カリキュラム内容・教材、配布資料等の無断転用/複製を禁じます。
  • ワークショップ形式のため、当校に著しくそぐわない言動が認められた場合、ご受講をお断りすることがございます。講座の途中であってもそれ以降ご受講いただけない場合があります。

より詳しい受講規約はこちらに掲載しています。この規約をご承諾の上お申し込みください。



このセミナーと中級編講座を同時にお申込みいただくと、お得なパック受講割引を提供させていただきます(同時お申込の場合、通常は4,800円+30,000円=34,800円のところを、32,800円の優待価格)。

対象となる中級編講座は、マスター講座■会計・財務・経済もしくはマスター講座財務3表を徹底理解のいずれか

ご希望の方は、お申込の際、コメント欄に「パック受講希望」とお書き添え下さい。

自動の受注確認メールは正規価格が記載されてしまいますが、後ほど優待価格のメールを送らせていただきます。

会計セミナー割引制度

法人の「出張セミナー」も引き受けます

会計セミナー法人向け

「社員に会計的な視点を持って欲しい…」

そんな法人の人材育成担当者の方、お問い合わせページからご連絡下さい。法人への出張セミナーの詳しい資料を差し上げます。

次世代経営幹部の育成から新入社員まで、知識にあわせた講座をご提供しています。



充実の講師陣

木田知廣 (きだ ともひろ)

木田知廣講師マネー・カレッジ代表

英国ロンドン・ビジネススクールから帰国後、グロービスにてビジネスパーソン向けの教育に携わる。日商簿記2級の資格も持つが、「簿記は学んだけれど、会計のことは分からなかった」体験をバネに、普通のビジネスマンに必要な会計を「読む力」を教えることをミッション<使命>として活躍中。


安海 嵩曜 (あづうみ たかあき)

安海嵩曜講師

マネー・カレッジ認定講師、ラーニングプロモーター

2010年慶應義塾大学医学部医学研究科で医学修士の学位を取得し、国内最大手の医薬品開発支援機関に入社。入社3年目にして、同社においては異例の若さで抜擢され、米国に派遣にされる。この米国への派遣が安海の転機となる。

それは「人生の師匠」とでも言うべき講師との出会い。彼から日米のビジネスに対する根本的な考えの違いを伝授されたことで、「待ち」の姿勢から、企業のグローバル化に貢献するという積極的に仕事を取りに行く姿勢にマインドが変わり、無事ミッションを遂行し日本に帰国することができた。

その後、海外の製薬会社をクライアントとする医薬品開発業務を主に任されるようになり、企業のグローバル化に貢献するようになる。その中で、自身が「学び成長する」だけではなく、「教え伝える」ことの大切さに気づき、講師となることを夢見るようになる。とはいえ、ビジネス書を読み漁り独学で講師活動を行うも中々うまくいかず、シンメトリージャパン代表木田知廣氏の「教育によって情報格差をなくしたい」という思いに共感し、師事する。2013年、認定講師として晴れて免許皆伝を受け、講師としての活動を加速させる。

岩田 真治 (いわた しんじ)

岩田真治講師

マネー・カレッジ認定講師

立命館大学経済学部卒業後、「医薬品を通じて人々の生活を豊かにしたい」との想いを胸に製薬会社の営業の世界に飛び込む。営業成績トップ10%が選ばれる海外研修に参加を認められるまでの成果をあげたが、「個人プレイヤー」から「マネージャー」への脱皮をしようとしたとき、全社的な視点を持たないことが自身の大きな弱点であることに気付く。

これをきっかけにビジネススクールへの通学を始めるが、その中で会計の重要性に開眼。もともとは、自身も会計に対する苦手意識があったのだが、経営者観点からの「使う会計」というコンセプトを知ったことにより、なぜこれほどまでに会計が重要視されるのかに納得する。

今度は、このコンセプトを一人でも多くのビジネスパーソンに伝えたいと、認定講師として活躍中。ゆくゆくは医療分野での教育にも力を入れるべく、虎視眈々と準備をしている。

阿部雅行 (あべ まさゆき)

阿部雅行講師

マネー・カレッジ客員講師
株式会社BODY TUNE (ボディ・チューン) 代表取締役社長
一般社団法人 日本スポーツ&ボディ・マイスター協会 理事長

富士銀行入行、金融持株会社みずほホールディングスCS(顧客満足)研究所、みずほコーポレート銀行経営企画部、グロービスなどを経て現職。銀行時代は、富裕層から上場大企業までの営業(融資企画)担当と本部企画 での金融マーケティング、経営戦略立案に従事。

一見難しく見える知識を分かりやすく伝える講座は、グロービスや日本スポーツ&ボディ・マイスター協会において受講者から絶賛を受け、飾らない人柄とあいまってファンも多い。

まずはここから、決算書の見方の実力診断!

会計セミナーに来る前に、自分が「どこを分かってないか」が分かると便利ですよね?

セミナーでどこを重点的に聞いたらいいか分かるし、ひょっとしたら質問もできるかも知れません(ちなみに、マネー・カレッジのセミナーはいつでも質問オッケーで、その場その場で疑問を解決しながら進めていきます)。

そのために実力診断の簡単なチェックテストを用意しました。「テスト」と言っても3分ぐらいで終わる簡単なものです。ぜひトライしてみてください。


初心者でも楽しめるワークショップ形式

ここまで読むと「うわぁ、なんか、たくさんあって大変そう…」と思う人もいるかもしれませんが、大丈夫です。

私たちのセミナーは、一方通行のレクチャーはほとんどなくって、ワークショップ形式で楽しく取り組めるものばかり。会計の知識を得るだけなら、正直のところ、本を読んでおけばいいと思います。そうではなく、

  • 会計の「知識」がどう現場でいかせるかを知りたい。たとえば、営業にも必要だと言われてるけど、ホント?
  • 本で読んだだけだと、「ちゃんと理解したかどうか自分でも分からない」。だから納得いくまでとことん質問できると嬉しい
  • 難しいことは良いから、とにかく明日からでも「使える」用語を知りたい

こんなニーズにお応えするために、ストーリー仕立てや時には自分で計算するパートなど、立体的に「体験」できるセミナーです。

【ワークシートやケースメソッドの例】
会計セミナー 

だから、本を読んだだけではピンとこなかった、「利益率」、「自己資本比率」、「ROE」…そんな言葉もスッキリと頭に入ってくるのです。

実際、これまでにセミナーを受けた人の中でも、「楽しかった」、「グループワークが役だった」と言う声は圧倒的に多いのです。

会計セミナー

会計セミナー受講後の姿

知識の面で

  • 貸借対照表(バランスシート)、損益計算書(プロフィット・ロス・ステートメント)が何を表しているかを理解している
  • 会社の「健康状態」をチェックするための「利益率」、「自己資本比率」、「ROE」という指標の意味を理解している

気づきの面で

  • 全てのビジネスパーソンに必要な会計を「使う」という感覚が身についている
  • 「会計を全部理解しなければ」という思い込みを抜け出して、気楽な気持ちで会計の勉強に取りくんでいる

スキルの面で

  • 決算書を見てその会社が「誰に、何を、いくらで」販売しているのかを推測し、戦略を想像している
  • 実際にその会社の製品やサービスを体験したとき、経営的な観点から良し悪しを判断できる


この会計セミナーで身につくことの詳細

会計「逆転」の三ヶ条

「会計は難しい…」。多くの人がそう思うのは、心構えが分かってないから。

逆に言えば心構えさえ分かれば明日からでも会計を仕事に活かすことができるようになると、これまでの会計セミナー受講者の声が証明しています。

一般的に持たれている会計のイメージとは違うので、「逆転の三ヶ条」と言っていますが、1) 会計はルールではなくツール、2) 会計は1社ではなく比較、3) 会計は「登山」ではなく「ヘリコプター」、そんな原則をぜひ押さえてください。

 

このパートでは、会計にまつわる「難しい」というイメージを取り除きます

何かを学ぼうと言うとき、「難しそう」と思ったらやる気が起きないのは当たり前。まずは苦手意識を取り除くところから始めましょう。こうなればもうしめたもので、このセミナーを楽しめるのはもちろん、会計の本だってすらすら読めて、これまでとはまったく頭への入り方が違ってきます。

決算書の最重点チェック項目

決算書の代表的な書類の「貸借対照表(バランスシート)」と「損益計算書」。それぞれがどのような構造になっているかを理解することはもちろんですが、さらに大事なのは「重点チェック項目」を押さえること。

とくに会社が倒産しないかどうかという安全性をチェックする「自己資本比率」と、会社の儲ける力(収益性)をチェックする「利益率」はビジネスパーソンにとっては知らずにはすまされない項目です。なんて話をすると、「自己資本比率ぐらい知ってるよ…」なんて言う人もいるかもしれませんが…。

その本当の意味合い、ご存じでしょうか?単に「自己資本比率で安全性が分かる」なんてことは、本を読んだだけでも分かります。そうではなく、ワークショップ形式で考えることにより、自己資本比率の本当の意味合いである、「リスクをとってビジネスを拡大しているかどうかの指標」という話を徹底的にお伝えします。

 

このパートでは「決算書の見方」が分かります

「決算書の見方」というと、たいてい自己資本比率のような数値分析の話が出てきてその計算方法を覚えるのに一生懸命な人がいますが、これはちょっと勘違い。

もちろん、計算できるに越したことはありませんが、そんな数字は今の時代、インターネットで検索すればいつでもチェックすることができます。

そう、大事なのは「分析が何を意味しているのか?」、そして「世の中全体での水準はどのくらいか?」をしっかりと把握することです。

たとえば、「自己資本比率が82%」と聞いたとき、「この会社は借金が少ないんで倒産はしなさそうだけど成長性は疑問かな…」なんて想像できることが本当に「決算書の見方」が分かることに他なりません。

 

これができると、「よし、この会社とは取り引きしても大丈夫だぞ」とビジネス上の判断にもつながりますし、そのように数字という「事実」にもとづいたあなたの判断は、多くの人から一目置かれるでしょう。


会計が分かれば、ビジネスが分かる

このパートでは、日本を代表するカフェチェーン、ルノアールとスターバックスの決算書の実物を題材にそれぞれどんなビジネスをやっているかを読み解きます。

え?どんなビジネスって…カフェでしょ?と思ったら大間違い。決算書を「読み解ける」ようになると、同じ「カフェ」とは言っても、ルノアールとスターバックスではまったく違うことが分かります。対象としているお客さんも違うし、値段も違う、そして、提供している「本当の商品」も違うのです。

ちょっと矛盾した表現ですが、会計の勉強は会計にとどまりません。むしろ、会計をスタートポイントに、「その会社の実際のビジネスは?」、「会社の経営陣は、どのような方向性で運営しているのか」を読み解けるようになると、ビジネスパーソンにとってはなににも代え難い「武器」になるのです。

 

このパートでは、会社の「本当の姿」を見抜けるようになります

シャーロック・ホームズはご存じですよね?イギリス生まれの名探偵で、他の人が見過ごした小さな証拠から犯罪者の「本当の姿」をズバリと見抜く天才です。

会計も似たところがあって、見方を知らない人にとっては退屈な暗号のようなもの。ところが、このパートを学ぶと、その会社が「何を売り物にしているか」、「お客さんのターゲットはどこか?」など「会社の本当の姿」がズバリと分かってくるのです。

たとえば営業担当者だったら、アタック中の会社の本当の姿が分かれば、それにあわせて提案内容を変えることができるので成約率も違ってくるでしょう。あるいは、ライバル会社の決算書を見て「あの会社がうまくいってるポイントはここか!」と仮説を立てることだって可能です。会計を知らない人から見たら名探偵のように見えて、その「推理力」に驚かれるかも知れませんね。


会計セミナー逆転の三ヶ条

会計はルールではなくツール

「減価償却」などの言葉を聞くと、「会計はややこしいルールばかりあって分からない」と思いがちですが、これは誤解。

逆転の三ヶ条では、会計は「ルール」ではなく「ツール」と捉えます。そして、その目的は、「会社の本当の姿を見抜くこと」。つまり、「企業のありのままの姿」を見抜くツールとして様々な取り決めがあるのです。これが分かると、何回説明されてもピンとこなかった「減価償却」などの言葉も、「あぁ、やっぱり必要なことだな」と目からウロコが落ちます。

とくに、会計を「作る」のではなく、「使う」側の人にとっては絶対に必要な心構えです。



会計は1社だけでなく比較

会計をちょっと学ぶと、「自分の会社はどうだろう?」と思って一生懸命自社の決算書だけをチェックする人がいますが、これは間違い。

逆転のルールでは、会計の数字を見る時に、他社と比較することが必須です。たとえばダイレクトに競争している会社や、業界ナンバーワンのあの会社と、はたまた、同じぐらいの規模の会社でも良いでしょう。比べることによって初めて、自社のどこがよくてどこが十分ではないかが分かってきます。

本を読んで独学で会計の勉強をしている人は、1社だけじっくりと見る傾向があるようなので、ぜひこの心構えを身につけて下さい。



会計は「登山」ではなく「ヘリコプター」

会計を勉強しようと思った時、まっさきに思いつくのが簿記。「仕訳」という、お金の出入りを帳面につけるところから始まるので、いつまでたっても会計の全体像が見えないので、途中で挫折しがちです。

逆転のルールでは、細かい話は抜きにして、「ザックリとどこを見ればいいのか」を押さえることに主眼をおきます。たとえば、決算書を見たときに、「利益率と自己資本比率とROEだけは最低限でも押さえよう」という発想ですし、あるいは、「実際のビジネスが決算書にどう反映されているのか読みとろう」、と言うことです。

簿記を学んだ人は、基礎的な知識をコツコツと学んでいく登山のような発想になりがちですので、ヘリコプターで一気に頂上に上ってしまうような発想の転換は必須です。

<会計セミナー 潜入レポート

前回行われたセミナーの様子をご紹介します。

会計セミナー風景

1.自分で考える

カフェオープンを目指すMさんのマネー体験ストーリーをもとに投資について考えてみる。業界でも有名なあの2社の株価の動きを比較して、どちらに投資するのが有効か、実際の数字をもとに各自でシミュレーションします。

身近な例を挙げるからイメージしやすく、考えるのが楽しくなります。


会計セミナー風景

2.グループワーク

次にMさんがカフェをオープンして1年後。実際にカフェの経営は軌道に乗っているのか?ワークシートを使ってカフェのお金の入り(売上げ)と出(費用)をグループで作成します。

-ほかの人の意見を聞くとことも大事。また、人に説明することでより考えがまとまります。


会計セミナー風景

3.エクササイズ

ワークシートを使って、ふたつの情報源をもとに、Mさんのカフェとあの2社の収益性や安全性をチェック。実際に計算して数値を出してみます。

-情報源は損益計算書と貸借対照表。いったいどこを見ればよいのでしょう?


会計セミナー風景

4.先生による解説

手元に配られた資料にはヒントがいろいろ隠されています。先生の解説をもとに、損益計算書と貸借対照表の見方のポイントを押さえて、ワークシートにまとめます。

-難しい専門用語ではなく、もっと身近な言葉で説明するからわかりやすい!


会計セミナー風景

5.まとめ

財務情報の総合的分析です。この二つを比較することで、会社の「本当の姿」が見えてくる!

なーるほど。と思わず頷く人も。

-気が付くと、これまで個々に学んだ内容がすべて繋がっているのです。ただ説明をきくだけよりも、より深い理解が得られます。


<受講生の感想>

  • 簿記の勉強をしていたが、実際に決算書を見ても使い方がわからなかった。そこがはっきりした。(27歳女性)
  • 数字の意味がわかりました。街を見る目がかわります。 (31歳男性)
  • B/SとP/Lをからめて、説明してくれたので、頭に入った。 (37歳女性)
  • 具体的な例にそくしての説明だったので、わかりやすかったです。 (42歳男性)

これまで受講された方の声

会計セミナー口コミ

男性

会計セミナー口コミ

女性 事務職

会計セミナー口コミ

会計セミナー口コミ

26歳 女性 人事

会計セミナー口コミ

26歳 男性 経理

会計セミナー口コミ

会計セミナー口コミ

女性

会計セミナー口コミ

男性

会計セミナー口コミ

26歳 女性 人事

会計セミナー口コミ

29歳 女性 営業職

会計セミナー口コミ

38歳 男性 経理

会計セミナー口コミ

女性

会計セミナー口コミ

29歳 男性 編集

会計セミナー口コミ

30歳 女性 技師

会計セミナー口コミ

33歳 男性 企画・営業

推薦のお言葉

英国、ロンドン大学助教授から推薦をいただいています。

キース ワイリー ロンドンビジネススクール助教授
キース・ワイリー
ロンドン大学 助教授

キース氏よりマネーカレッジの推薦書
をいただいています。

Keith Willey
Adjunct Associate Professor of Strategic and International Management and Entrepreneurship London Business School

推薦書

個人にも、そして企業にも必須のマネー知識を教育によって高めようと言う木田さんのマネー・カレッジは、教育の絶大なる効果を信じる私と想いを共有するものです。
私は、マネー・カレッジが、「個人を豊かにするマネー教育を根付かせる」という目的を達成することを応援しています。




会計セミナーウェブ版 お勧めの会計本

「決算書の見方を勉強したいんだけど、どの本を読んだらいいか…」

そんな時にチェックしたいのがこのコーナー。世の中にあふれる会計の本を、「初心者にも分かるか?」という目線でチェック!

レベルは4段階。

  • 初級者向け
  • 中級者向け
  • 中上級者向け
  • 上級者向け

この中からもっともご自分に合ったものを選ぶと、学びが大きくなります。

  • 会計セミナー ウェブ版 第1回 友岡 賛著、歴史にふれる会計学 (初級者向け) オススメ!
  • 会計セミナー ウェブ版 第2回 國貞 克則著、決算書がスラスラわかる 財務3 表一体理解法 (中上級者向け)
  • 会計セミナー ウェブ版 第3回 渋井 真帆著、新版 あなたを変える「稼ぎ力」養成講座 決算書読みこなし編 (中級者向け) オススメ!
  • 会計セミナー ウェブ版 第4回 林 總著、新版 わかる!管理会計―経営の意思決定に役立つ会計のしくみを学ぶ (中上級者向け)
  • 会計セミナー ウェブ版 第5回 日本インベスター・リレーションズ協議会著著、IR戦略の実際
  • (中上級者向け)

  • 会計セミナー ウェブ版 第6回 岩田 康成著、社長になる人のためのマネジメント会計の本
  • (中上級者向け)

  • 会計セミナー ウェブ版 第7回 林 總著、餃子屋と高級フレンチでは、どちらが儲かるか?
  • (中上級者向け)

  • 会計セミナー ウェブ版 第8回 江間 正和著、ランチは儲からない 飲み放題は儲かる  飲食店の「不思議な算数」
  • (中級者向け)

  • 会計セミナー ウェブ版 第9回 金森、森口、荒(編)著、有斐閣経済辞典 (中上級者向け) オススメ!
  • 会計セミナー ウェブ版 第10回 望月 実著、課長の会計力 自分とチームが結果を出すための数字の使い方 (中級者向け)
  • 会計セミナー ウェブ版 第11回 友岡 賛著、なぜ「会計」本が売れているのか (中級者向け)
  • 会計セミナー ウェブ版 第12回 山田 真哉著、女子大生会計士の事件簿 (初級者向け)
  • 会計セミナー ウェブ版 第13回 西山 昌彦著、ザックリ会計力―今度こそ苦手な数字を克服できる (中級者向け)
  • 会計セミナー ウェブ版 第14回 竹内 謙礼、青木 寿幸著、会計天国 (上級者向け) オススメ!
  • 会計セミナー ウェブ版 第15回 山口 揚平著、デューデリジェンスのプロが教える 企業分析力養成講座 (中上級者向け) オススメ!


会計セミナー よくある質問

セミナー内容に関して

Q:全くの初心者ですが、セミナーについていけますか?

A:基本的には初心者の方を対象にしたセミナーですので、問題ございません。セミナー中に生じた疑問は、随時講師にご質問いただき解決していただけますので、安心してご受講下さい。

Q:このセミナーを受講して、よりステップアップしたい時に適した講座はありますか?

A:はい。ございます。 まずは、2時間のセミナーを受けていただき、その後マスター講座を受けていただくと、よりご理解が深まると思います。その際には、パック受講割引をご利用いただけます。
また、私たちはティーチング・アシスタント制度を行っており、参加していただくことで今度は伝える側として受講していただいたセミナーをより深くご理解いただけると思います。

Q:簿記などの資格が取得できますか?

A:この講座は簿記の資格とは関係ありません。

Q:マスターするまでに何回も通わなければなりませんか?

A:この講座は2時間で最低限必要な知識を身につけてもらいますので、通っていただく必要はありません。

Q:経理部で働いているのですが、受講してもいいですか?

A:経理部からもたくさんの方にご受講いただいています。簿記や仕分けの作業が最終的にどのように経営につながるかが分かるとご好評です。

お申込・お支払などに関して

Q:既に満員の講座にキャンセル待ちはできますか?

A:キャンセル待ちは、たいていの場合ご期待に添えないので、受け付けておりません。

Q:申し込み後のキャンセルはできますか?

A:当該セミナーの開催3営業日前(開催日含まず)までは、無料でキャンセルしていただけます。仮に3営業日を過ぎても、無料振替制度は有効ですので、直前に都合が悪くなってしまった場合は別日程をご検討下さい。
無料振替制度は3ヶ月以内有効です。

Q:法人からの派遣なのですが、請求書を発行してもらえますか?

A:請求書払いも承りますので、お申込の際のコメント欄に「法人請求書払い希望」とご記入下さい。

Q:領収証を発行してもらえますか?

A:発行いたしますので、お申込の際のコメント欄に「領収証希望」とともに、領収証の宛先(個人名、法人名など)をご記入下さい。

Q:受講証明書を発行してもらえますか?

A:ご希望の方には、セミナー当日に発行してお渡しいたします。


まずは日程と空席状況をご確認下さい
会計セミナーの日程をチェックする

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
Copyright © マネー・カレッジ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.