会計セミナーで決算書の見方を理解

決算書の見方1Dayセミナー

  • HOME »
  • 決算書の見方1Dayセミナー

セミナー講師養成 セミナー

目次: »内容 »スケジュール »受講者の声 »講師 »サポート »企業研修

下記にひとつでもあてはまれば、セミナーへの参加をお勧めします

  • 会計の勉強をしたことはあるが、腹の底から理解できているわけではない
  • 難しい用語などは後回しにして、まずはザックリ全体像がつかみたい
  • 部下や後輩を納得させるため、数字を押さえた指示を出したい

本当にセミナーでロジカルシンキングができるようになるの?(カーソルをのせると疑問への回答が表示されます)

まずは日程と空席状況をご確認下さい
ロジカルシンキング セミナー日程

こんにちは。ロジカルシンキング・カレッジ代表の木田知廣です。

コミュニケーションで悩んでいる人は意外なほど多いものですが、その改善に一番役立つのはロジカルシンキングです。とくにビジネスの場合、思いついたことをそのまま話すのではなく、まずは頭の中で論理的<ロジカル>にまとめるだけで、伝わり方が圧倒的に違ってきます。

ただ、個人の努力だけでロジカルシンキングを身につけるのは難しいもの。本を読むと「そんなものかな…」と感じても、いざ自分がやろうとするとなかなかできないということはあるものです。

そこで企画したのがこのセミナーです。単に講義だけでなく、講義→演習→答え合わせ→解説、というステップを何回も繰り返すことで、自分の苦手が分かり、改善のポイントがクリアになります。

ロジカルシンキングを学んだけれどうまくいかなかった方はもちろん、はじめてロジカルシンキングに触れる方も、ぜひおいでください。

ロジカルシンキング・カレッジ代表ロジカルシンキング講師 木田知廣

追伸:私は米マサチューセッツ大学でも講師を務めていますので、海外でも使える方法論もお伝えします。まずは体験したいという方のために「モニター受講」制度もご用意していますので、少しでもご興味がある方はまずはトライしてください。

 


このロジカルシンキング・セミナーでお話する内容

「とっさのひと言」が自然に思い浮かぶロジックツリー

ロジカルシンキング

ビジネスで「とっさのひと言」を出すためには、ロジックツリーというツールが一番役立ちます。モノゴトの情報整理をするためのものですが、これがあるだけで頭の中が整理されて、「聞かれたことに対する答は頭の中のどこにあるか」の検索スピードが上がるのです。

セミナー中にもロジックツリーをつくるエクササイズがありますので、ぜひトライしてください。最初は頭の体操のように思うかもしれませんが、だんだんとその効果が実感できるはずです。

このパートで、「ビジネスのとっさのひと言」が出てくるようになります

「とっさのひと言」が出てくるポイントは、普段から頭の中を整理しておくことです。イメージとしては、会社の机を想像してみてください。書類が山積みで汚い机の人は、「あの書類どこに行ったっけ?」と情報を取り出すことに時間がかかってしまいます。まるでデスクを掃除したように頭の中をスッキリ整理するのがロジックツリーです。

ほんとうに出来るようになるの?


まずは日程と空席状況をご確認下さい
ロジカルシンキング セミナー日程

誰も教えてくれなかったロジカルシンキングの「ルール」

ロジカルシンキングセミナー

「とっさのひと言」が言えるようになったら、次はその「中身」。その際に役立つ「ルール」が、ロジカル・コミュニケーションで言うと「隠れた前提」、「常識の誤適用」、「独善的価値観」です。

一見難しく見えるかもしれませんが、これまでのセミナー参加者に聞くと「言われてみれば、そうだよな」と納得できるポイントばかり。ただ、これを「ルール」として体系的に教えてくれる人はいないものです。実際、学校でも「コミュニケーション」という科目はありません

これを「ルール」として頭に焼き付けることで、ビジネスの現場で使えるようにするのがこのパートの目的です。

ここでは、相手に「伝わる」話し方が身につきます

日常でも自分の「あたりまえ」が意外とそうでもなかったことに気付くことはあるでしょう。たとえば、北海道出身者が「コンビニのおにぎりは温めるのがあたりまえ」なんて話は良く聞きます。実はビジネスでもこれは起こっていて、業界が違うから常識が違う、部下と上司で持っている情報が違うから言いたいことは伝わらないのです。
このパートで学ぶ「ルール」で修正すれば、立場が違う人にも伝えることができるのです。


言いたいことをズバリと表すメッセージの「結晶化」

ロジカルシンキング

ロジックツリーで頭が整理できたら、次のステップは言いたいことをひと言でまとめることです。

コミュニケーションの達人、たとえばソフトバンクグループを率いる孫社長などイメージしてもらえると、言いたいことを「要するに」でまとめることが聞き手に理解してもらうためのコツというのが分かるでしょうか。

このために必要なのが、メッセージの「結晶化」と言う考え方。様々な事実をひとまとめにして純度が高い言葉にまとめるというイメージです。そしてここで使うのが、「メッセージの三大チェックポイント」。すなわち、1)20:80の法則、2)主語・述語・目的語のある文章になっている、3)意味あるメッセージになっている、と言う観点で見直すことで自分のつくったメッセージを客観視できます。




セミナー講師養成 セミナー日程



開講スケジュール

日程 お申込
17/10/15 (日) 10:00 – 18:00

 

お申込み

セミナー開催要領

受講料 32,800円 (税込)
セミナー時間 7時間
定員 20名
会場

新橋会場:シンメトリー・ジャパンセミナールーム

住所:東京都港区西新橋1-5-5 本田ビル2F
交通:新橋駅徒歩5分、虎ノ門駅徒歩4分、内幸町駅徒歩2分、霞ヶ関駅徒歩6分
シンメトリー・ジャパンセミナールーム 
クリックで大きい画像が開きます

入金後にキャンセルできますか?

 



セミナー講師養成セミナー 振替制度
忙しい方も安心の振替制度
「申し込んだけれど、当日仕事で抜けられなくなってしまった!」忙しくされているビジネス・パーソンであれば、そんな場合もあるでしょう。そんなときは、同じ内容の別日程のクラスを無料でご受講いただくことができます(3ヶ月間有効)。
セミナー講師養成セミナー 返金制度
満足できなければ全額返金保証
講座をご受講したうえで、それでもご満足いただけない場合には、理由を問わずに受講料を全額返金させていただきます。(ただし、途中退席など講座をすべて聴いていない場合は、この制度が適用されません。また、この制度は受講する講座数にかかわらず、一人のお客様に1回のみ適用です)
講師養成入門セミナーアシスタント制度
ティーチング・アシスタントで場数を踏む
「セミナーで学んだけれど、本当に身についたか確認したい…」。そんな方にお勧めなのが、私が講師を務めるセミナーにアシスタントとして参加すること。アシスタントとはいえ教える側に回ってみると、人が陥りがちなパターンが見えて、自分のスキルアップにつながるものです。そう、「教えることこそが最高の学び」。他にはないそんな機会が、ロジカルシンキングの定着に役立ちます。

「わかる」を「できる」に変える法則化
講師養成の話を聞くと、「言っていることは分かるけれど、いざ自分でやろうとするとできない」となりがち。これを乗り越えるのが「法則化」です。漠然と、「こういう風にしたら良い」ではなく、自分で「できている、できていない」がはっきり分かるから、徐々にできるようになるのです。

 



セミナー優待価格

 

「いきなり丸1日のセミナーはちょっと…」という方には、最初の2時間だけに参加する「モニター受講」していただけます。それだけでも講師のコツが学べますし、もちろん「これならいける」と思えば、そのまま1日受講もオッケーです(その場合は、差額分を当日お支払いください)。

なお、モニター受講は別日程もご用意しています。詳しくはこちらのページをご覧ください。

※モニター受講の方へは書籍のプレゼントはありませんので、ご了承ください。

日時 講師 会場 申込状況
17/10/15 (日)
10:00 – 12:00
橋本 歌麻呂 新橋駅5分 お申込み


書籍プレゼント

当講座をご受講いただいた方に、ロジカルシンキング・カレッジ代表木田知廣の著書をプレゼントします。下記の2冊の内からお好きな方を当日お選びください。

心をつかみ人を動かす説明の技術 (日本実業出版社刊)

一見難しいモノゴトを分かりやすく説明する方法論を解説したもので、ロジカルシンキングをマスターしたい方ならばぜひお手元においていただきたい一冊です。上手なセミナー講師は、聞き手の頭の中を想像しながら、「どうやったら頭の中にすっぽりと収めてもらえるだろう」と考えているもの。これを、「脳内マップ」という考え方で、誰にもできるようなノウハウに落とし込んでいます。



ほんとうに使える論理思考の技術 (中経出版刊)

セミナー講師ならば、モノゴトを筋道立てて説明できるのは当たり前…なのですが、以外とできていない人も多いもの。とくに「直感型」の講師の話を聞いた人は、「いろいろあったけれど、結局何なんだっけ?」となりがちです。そんな時に必要なのがロジカルシンキングです。モノゴトを筋道立てて考える「ピラミッド・ストラクチャ」を中心に解説しています。ちなみに、このような発想はおそらく世界共通で、おかげさまでこの本は中国語(大陸の簡体字と台湾の繁体字)に翻訳されて、アジア各国で公使を目指す方々にも読んでいただいています。

 

セミナーご受講のご案内

お申込みとお支払い

お支払は銀行振込もしくはクレジットカードです。

  • 銀行振込の場合、申し込みフォームに必要事項を記載のうえご送信下さい。自動返信メール中に記載されている三菱東京UFJ銀行もしくはジャパンネット銀行からご都合良い方をお選びのうえ、5営業日以内にお振込みください(振込手数料はご本人様負担となります)。

キャンセルポリシー 何らかのご都合により参加が不可能となった場合、参加料金の取り扱いは、以下のルールに則ります。

  • 当該セミナーの開催3営業日前(開催日含まず)までは、一切のキャンセル料は発生しないものとします。
  • 3営業日を過ぎても、無料振替制度は有効ですので、直前に都合が悪くなってしまった場合は別日程をご検討下さい。
受講にあたってのご注意
  • 講座での写真撮影、録音、録画、などはご遠慮下さい。
  • 講師/講座内容は予告なく変更になる場合がございます。
  • カリキュラム内容・教材、配布資料等の無断転用/複製を禁じます。
  • ワークショップ形式のため、当校に著しくそぐわない言動が認められた場合、ご受講をお断りすることがございます。講座の途中であってもそれ以降ご受講いただけない場合があります。

より詳しい受講規約はこちらに掲載しています。この規約をご承諾の上お申し込みください。


セミナー当日のカリキュラム

セミナー当日は下記のカリキュラムに沿って進行します。

ロジックツリーによる情報の整理 論理的<ロジカル>な考えの基礎は、情報を整理すること。物事を考えるとき「あれも、これも」とバラバラに考えるだけでは、いつまでたっても分かりやすくまとめることが出来ません。この情報を整理するのが「ロジックツリー」と呼ばれる思考のツール。これが身につけば、情報整理が早く・確実に出来ます。
MECEとフレームワーク ロジックツリーの作り方が分かったら、より精度にもこだわりましょう。その際にキーになる考え方が情報をモレなく・ダブりなく整理するという考え方。MECE (Mutually Exclusive Collectively Exhausted)と呼ばれるこの思考法が身につくと、上司やお客様から「ツッコミ」を受けることが少なくなります。

ランチタイム

※モニター受講はここまでです

ピラミッド・ストラクチャで文章を作り込む 情報の整理が出来たら、それをまとめて「要するに何が言いたいのか」を文章にすることです。コミュニケーションが上手出ない人は、この文章化が苦手で、結果として話してる最中に「え~っと、何が言いたいんだっけ」となりがち。ここでは、文章をまとめるためのピラミッド・ストラクチャという方法論を身につけます。
演繹法と帰納法 ピラミッド・ストラクチャは、それ「だけ」でも十分役立つものですが、ここに演繹法(えんえきほう)と帰納法(きのうほう)と呼ばれる「論理的推論法」が分かると、より聞き手に説得力のある文章が出来ます。漢字が並んで一見難しそうに見えますが、これを「三大チェックポイント」で学べば、誰もが身につけることが出来ます。
因果関係を見抜く ピラミッド・ストラクチャで文章を作るときにもう一つ気をつけたいのが、情報と情報の間にはたらく因果関係を見抜くこと。単に表面上の情報を寄せ集めたものではなく、裏の因果関係まで見抜くのが、本当にコミュニケーション上手な人です。ただ、実は人間は意外なほど「ニセの因果関係」にだまされやすいもの。ここでは、「因果の逆転」、「最後のワラの錯誤」などのキーワードを押さえて、本当の因果関係を見抜く方法論を身につけます。

講師

木田 知廣 (KIDA, Tomohiro)

プレゼンテーション・カレッジ代表
米マサチューセッツ大学MBA講師
シンメトリー・ジャパン株式会社 代表

20代で外資系コンサルティング会社で働き始めるが、先輩コンサルタントとの能力差に愕然とし、大きな挫折を経験する。ここから、ロジカルシンキングのスキルアップを本格的に開始し、年間100冊以上の本を読破。ディベートなどの「対外試合」もしながら、ロジカルシンキングを自分なりに身につける。

その後、ロンドン・ビジネススクールに留学しロジカルシンキングをさらに研ぎ澄ます(MBAを取得)。帰国後はグロービスにてクリティカルシンキングの講師としてデビューする。これまで自身が苦労して身につけた方法路を分かりやすく解説するその教え方には熱狂的なファンがつき、これまでに10,000人を超えるビジネスパーソンに、その奥義を伝授してきた。

2006年、シンメトリー・ジャパンを立ち上げて代表に就任し、誰でも参加できるオープンスクール形式の講座によりロジカルシンキングを普及することに力を入れている。2011年には活動の集大成として、「ほんとうに使える論理思考の技術」を中経出版にて刊行。同書は日本において好評を博するだけでなく、中国語にも翻訳され、アジアからも熱い視線を集めている。

ライフモットーは、”Stay Hungry, Stay Foolish” (同名のブログを執筆中)

著書と執筆活動

セミナー講師養成セミナー参考文献

分かりやすい説明のための、「心をつかみ人を動かす説明の技術」

プレゼンテーションをそれなりにはできるけど、今イチ印象が弱いという人が押さえておきたいのが本書です。

たとえば、「ストーリーテリング」と言いますが、それこそ物語を描くように聞き手の気持ちをぐいぐい惹きつけてエンディングまで持っていくPARLの法則、あるいは聞き手の好みのコミュニケーションスタイルを一瞬で見抜く方など、プレゼンテーションの際に使えるテクニックが盛り込まれています。



セミナー講師養成セミナー参考文献

講師として話す内容を固めるための、「ほんとうに使える論理思考の技術」

人前で話す時、話があちこちに飛んでしまって結局何も伝わらないと言う人が押さえておきたいのが本書です。

情報をグルーピングして整理したうえで、それぞれのようその間に働く因果関係を見抜いてまとめれば、一見膨大な情報もすんなり頭にはいるもの。このためのぴれみっど・ストラクチャという方法論は、ロジカル・プレゼンテーションを目指す人ならば必須です。



セミナー講師養成セミナー参考文献

上記「ほんとうに使える論理思考の技術」は日本にとどまらず、アジアの人に大人気。中国大陸の簡体字と台湾の繁体字に翻訳され、現地でのプレゼンテーションスキルのアップに役だっています。





セミナー参加者の声

ロジカルシンキングの基礎を理解でき満足しました

ロジカルシンキング

ロジカルシンキングセミナーに実際に参加してみて
2時間ではありましたが、ロジカルシンキングの基礎を理解できたので満足しました。5時間のセミナーも受講してみたいと思いました。

ロジカルシンキングセミナー参加のきっかけ
いわゆる思考の瞬発力についてです。

男性 医薬品関係(CRA)



自分に足りないものが見えてきた…

ロジカルシンキング

ロジカルシンキングセミナーに実際に参加してみて
短い時間の中でどのように組み立てていくかのイメージができた。自分に足りないもの(していなかった事)が見えてきた。考え方を変えるきっかけになりました。

ロジカルシンキングセミナー参加のきっかけ
報告や説明をする時、いざ話し始めるとまとまらなくなっていました。



短時間でロジカルシンキングのエッセンスを確認できた

ロジカルシンキング セミナーアンケート

ロジカルシンキングセミナーに実際に参加してみて
短時間でロジカルシンキングのエッセンスを確認することができた。すきま時間を使ってお安く学ぶことができるのは、非常にありがたい。

ロジカルシンキングセミナー参加のきっかけ
説得力のある説明のコツをつかみたい。

男性 IT



正しいプロセス、具体的な手順が学べた

ロジカルシンキング

ロジカルシンキングセミナーに実際に参加してみて
論理思考の正しいプロセス、具体的な手順が学べたから

ロジカルシンキングセミナー参加のきっかけ
仕事で成果を出す為



今まで学習してきたことを整理できる…

ロジカルシンキング

ロジカルシンキングセミナーに実際に参加してみて
今まで学習してきたことを整理できるよいきっかけでした。短い時間なので集中でき、緊張感を持って参加できた。

ロジカルシンキングセミナー参加のきっかけ
論理思考・コミュニケーションについては実体験(実務)に加えて継続的な学習・整理の機会を持つことが重要だと思っているため。



短い時間で全体像が垣間見れた…

ロジカルシンキング

ロジカルシンキングセミナーに実際に参加してみて
短い時間で全体像が垣間見れた。今日重点的に取り組んだ枠組み作りから日々の業務の中で実戦し、無意識に論理的思考ができるように取り組んでいきます。

ロジカルシンキングセミナー参加のきっかけ
ディベートセッションに参加して基本的な知識を得たいと思ったので。



グループワークなど実践的な内容が多かった

ロジカルシンキング

ロジカルシンキングセミナーに実際に参加してみて
グループワークなど実践的な内容が多かったため。分からないことを質問しやすい雰囲気だったため、疑問を残したまま進むことがなかったため。

ロジカルシンキングセミナー参加のきっかけ
上司にロジカルに話すことを習慣づけるように言われた。本などではなく実戦を踏まえて学びたかったため。





  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © マネー・カレッジ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.